Java : Runnable - API使用例

Runnable (Java SE 19 & JDK 19) の使用例まとめです。
API仕様のおともにどうぞ。


概要

結果を返さない演算を表します。

クラス構成

Runnable は、パラメータなし、戻り値なしの関数型インタフェースです。
主に、サブスレッドの実行などで使われます。

try (final var executor = Executors.newSingleThreadExecutor()) {
    final var task = new Runnable() {
        @Override
        public void run() {
            System.out.println("Run!");
        }
    };

    System.out.println("-- submit --");
    executor.submit(task);
}

// 結果
// ↓
//-- submit --
//Run!

メソッド

void run ()

この演算を実行します。

単純に実行するだけの例です。

final var runnable = new Runnable() {
    @Override
    public void run() {
        System.out.println("Run!");
    }
};

runnable.run(); // Run!

ラムダ式を使ってサブスレッド上で実行する例です。

try (final var executor = Executors.newSingleThreadExecutor()) {
    System.out.println("-- submit --");
    executor.submit(() -> {
        System.out.println("Run!");
    });
}

// 結果
// ↓
//-- submit --
//Run!

関連記事

スレッド

関数型インタフェース

ページの先頭へ