Java : Stream.Builder - API使用例

Stream.Builder (Java SE 18 & JDK 18) の使用例まとめです。
だいたいのメソッドを網羅済みです。
API仕様のおともにどうぞ。


概要

Streamの可変ビルダーです。 これを使えば、要素を個別に生成してBuilderに追加することによりStreamを作成できます(ArrayListを一時バッファーとして使用した場合に発生するコピー・オーバーヘッドを回避できます)。

クラス構成

Stream.Builderクラスは、Stream を生成するための 簡易的なビルダークラス です。
add メソッドで必要なだけ要素を追加して、最後に build メソッドで生成します。

final var builder = Stream.<String>builder();

final var stream = builder.add("aaa").add("bbb").add("ccc").build();

System.out.println("-- forEach --");
stream.forEach(System.out::println);

// 結果
// ↓
//-- forEach --
//aaa
//bbb
//ccc

メソッド

void accept (T t)

構築中のストリームに要素を追加します。

final var builder = Stream.<String>builder();

builder.accept("aaa");
builder.accept("bbb");
builder.accept("ccc");

final var stream = builder.build();

System.out.println("-- forEach --");
stream.forEach(System.out::println);

// 結果
// ↓
//-- forEach --
//aaa
//bbb
//ccc

default Stream.Builder<T> add (T t)

構築中のストリームに要素を追加します。

final var builder = Stream.<String>builder();

final var stream = builder.add("aaa").add("bbb").add("ccc").build();

System.out.println("-- forEach --");
stream.forEach(System.out::println);

// 結果
// ↓
//-- forEach --
//aaa
//bbb
//ccc

Stream<T> build ()

ストリームを構築し、このビルダーの状態を構築済に遷移させます。

このメソッドの使用例は、add(T t) にまとめて記載しました。
そちらのAPI使用例をご参照ください。

Consumerで宣言されたメソッド

andThen

Java API 使用例 : Consumer」をご参照ください。


関連記事

ページの先頭へ