Java : 開発環境を構築しよう (Windows)

本記事では、必要最低限の環境構築を行い、Java で Hello world を表示させるところまでを解説していきます。
Java を触ってみたいけど、まずどうすればよいのか…そんなかたの手助けになれば幸いです。

※環境は Windows 10 を対象にしています。


概要

Java Development Kit (JDK) はオラクル(旧サン・マイクロシステムズ)により提供されている、プログラミング言語Javaを使ってJavaアプリケーションおよびその他のソフトウェアコンポーネントを構築するためのソフトウェア開発キット (SDK) および開発環境である。

Java の開発を行うには、最低限 JDK が必要となります。

JDK とは Java Development Kit の略になります。
日本語にすると、JDK = Java開発キット ですね。

JDK には、

  • java : Java アプリケーションを起動
  • javac : Javaソースコードをコンパイル

といった、各種コマンドラインツールが含まれています。

開発の大まかな流れとしては、

  1. Javaソースコードを javac コマンドでコンパイル
  2. コンパイルするとクラスファイルが作成されるので、それを java コマンドで実行
  3. プログラムが実行される

となります。

大まかな流れ


さて、開発で必要となる JDK ですが、少しややこしい事情があります。
それは、JDK にはいくつか種類があることです。


OpenJDK (Open Java Development Kit) は、プログラミング言語Javaのフリーかつオープンソースの実装である。

JDK のソースコード自体は、OpenJDK によってフリーかつオープンにされています。
これをベースに、例えば Microsoft (Azure用) や Amazon (AWS用)、さらにはオラクル自身 (Oracle JDK) も独自にビルドして JDK を作っていたりします。 各 JDK の違いは、ライセンスの違いやサポートの有無などです。

今回は、OpenJDK 自体が提供しているフリーの JDK を使います。
少し試してみたい、という用途であれば OpenJDK がおすすめです。

それでは、開発環境を構築していきましょう。


OpenJDK

ダウンロード

OpenJDK 公式ウェブサイト(画像)

OpenJDK 公式ウェブサイト (画像は 2022/9/14 時点のものです)

まずは OpenJDK をダウンロードしましょう。
上記の公式ウェブサイト(英語) にアクセスします。

OpenJDK リンク先(画像)

ページの右側に Download というところがあると思います。
その中の jdk.java.net/18 の部分がリンクになっているので、そこをクリックしましょう。

補足

  • OpenJDK のリリースサイクルは早いので、この記事が古くなっている場合があります。
    そのさいは、バージョンのところを最新のものに読み替えてください。

jdknet(画像)

(画像は jdk.java.net サイト 2022/9/14 時点のものです)

上記のページに移動できましたでしょうか?
ここは、OpenJDK がビルドされて、その JDK が公開されているサイトです。

2022/9/14 時点では、バージョン 18.0.2.1 が最新となります。
そちらをダウンロードしてみましょう。

jdknet ダウンロード先(画像)

今回は Windows で環境を構築するため、Windows/x64 の横にある zip をクリックしてダウンロードします。
openjdk-18.0.2.1_windows-x64_bin.zip というファイル名でダウンロードできたら完了です。

インストール

無事に OpenJDK がダウンロードできたら、次はインストールです。

OpenJDK にはインストーラはありません。
手動でインストールする必要があります。

インストール自体は単純で、ダウンロードした zip ファイルを解凍して、好きな場所に置くだけです。
今回は D:\java-work\jdk にインストールしてみます。

ダウンロードした zip ファイルをダブルクリックして、jdk-18.0.2.1 フォルダを D:\java-work\jdk へコピー(ドラッグ&ドロップ)しましょう。

install dd(画像)

無事にコピーできましたでしょうか?
これで、上記フォルダに JDK がインストールされました。


PowerShell を起動

JDK の各種ツールは、基本的にコマンドライン用です。
本記事では、コマンドライン実行のために PowerShell を使います。

タスクバーの一番左にあるスタートボタン(Windowsマーク) をクリックして、Windows PowerShell を選択しましょう。

タスクバー(画像)

PowerShell 起動(画像)

PowerShell(画像)

(他の起動方法としては、タスクバーの検索から "PowerShell" と入力して探すのも OK です)

PowerShell が起動できたら、D:\java-work に移動しましょう。
本記事では、ここを Javaソースコードを作ったりコンパイルしたりする作業フォルダとします。

移動には cd コマンドを使います。
cd D:\java-work と打ち込んでください。

-- Windows PowerShell --

PS C:\Users\test-user> cd D:\java-work
PS D:\java-work>

これで、D:\java-work に移動できました。

試しに、javac コマンドのバージョンを見てみましょう。
javac コマンドは、OpenJDK をインストールした下記フォルダにあります。

D:\java-work\jdk\jdk-18.0.2.1\bin

そしてバージョンを見るコマンドは次のようになります。

javac --version

それでは実行してみましょう。

-- Windows PowerShell --

PS D:\java-work> jdk\jdk-18.0.2.1\bin\javac --version
javac 18.0.2.1

無事、javac のバージョンが確認できました。

ただ、毎回、jdk\jdk-18.0.2.1\bin ~ と入力するのは面倒ですよね。
次にご紹介する Path 環境変数に上記フォルダを追加することで、パス指定が省略できるようになります。

Path環境変数に追加

ここでは Path 環境変数に、JDK ツールのパスを追加する方法を解説します。
(もし、とりあえず一時的に追加したい、という場合は後述する「一時的に追加する方法」をご参照ください)

まずはコントロールパネルを開きます。

コントロールパネル1(画像)

右上の「コントロールパネルの検索」に「環境変数」と入力します。
すると、「環境変数を編集」という項目が見つかるので、そこをクリックします。

コントロールパネル2(画像)

環境変数ダイアログが表示されたら「Path」を選択して「編集」をクリックしましょう。

環境変数1(画像)

環境変数名の編集ダイアログが表示されたら「新規」をクリックします。

環境変数2(画像)

D:\java-work\jdk\jdk-18.0.2.1\bin を入力します。
(bin まで含めてください)

環境変数3(画像)

OKでダイアログを閉じていき、コントロールパネルも閉じます。
これで、D:\java-work\jdk\jdk-18.0.2.1\bin にあるコマンドを直接使えるようになりました。

PowerShell を開いている場合は、一回閉じて開きなおしてください。

-- Windows PowerShell --

PS D:\java-work> javac --version
javac 18.0.2.1

jdk\jdk-18.0.2.1\bin ~ という指定なしに、javac コマンドが実行できるようになっていますね。

一時的に追加する方法

とりあえず一時的に追加したいだけであれば、PowerShell から次のように設定できます。

$Env:Path += ";D:\java-work\jdk\jdk-18.0.2.1\bin"

この場合は、設定した Window の PowerShell にだけ Path が追加されます。
PowerShell を閉じたり、開きなおすと Path の設定は元に戻ります。

-- Windows PowerShell --

PS D:\java-work> $Env:Path += ";D:\java-work\jdk\jdk-18.0.2.1\bin"
PS D:\java-work> javac --version
javac 18.0.2.1

Java で Hello world!

開発環境は準備できました。
それでは、Java を実行してみましょう。

まずは Javaソースコードを用意します。
(本記事は開発環境の構築が主目的なので、Javaの文法については割愛します)

public class Main {
    public static void main(String[] args) {
        System.out.println("Hello, world!");
    }
}

上記のコードを、メモ帳などで D:\java-workMain.java ファイルとして保存しましょう。
ls コマンドでファイルの存在を確認できます。

-- Windows PowerShell --

PS D:\java-work> ls

    ディレクトリ: D:\java-work

Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
d-----        2022/09/22     17:47                jdk
-a----        2022/09/24     14:51            121 Main.java

そして、次のコマンドで Javaソースコードをコンパイルします。

javac Main.java

成功すると、Main.class ファイルが生成されます。

-- Windows PowerShell --

PS D:\java-work> javac Main.java
PS D:\java-work> ls

    ディレクトリ: D:\java-work

Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
d-----        2022/09/22     17:47                jdk
-a----        2022/09/24     14:53            415 Main.class
-a----        2022/09/24     14:51            121 Main.java

最後に、java コマンドで Main.class を実行します。
コマンドは .class の部分は除いて java Main とします。

-- Windows PowerShell --

PS D:\java-work> java Main
Hello, world!

無事に Hello world は表示されましたでしょうか?

もし表示されたなら…おめでとうございます!
これで Java 開発者の初めの一歩を踏み出せました。

慣れてきたら、ソースコードの main メソッドをいろいろ書き換えて、コンパイルと実行を試してみましょう。

補足

  • ソースコードに日本語を使う場合は、ファイルの文字コードは UTF-8 で保存してください。
    Java の文字コードはデフォルトで UTF-8 となります。

OpenJDK のアンインストール

インストーラは使っていないので、コピーしたファイルを削除するだけです。

D:\java-work\jdk

上記にコピーした jdk-18.0.2.1 フォルダを削除しましょう。

次に、Path環境変数で追加したパスも削除します。

環境変数4(画像)

これで、アンインストールは完了です。

まとめ

  • Java の開発には、最低限 JDK が必要です。
  • JDK にはいろいろありますが、少し試してみたいという用途であれば OpenJDK がおすすめです。

本記事では、必要最低限の環境構築を行い、Java で Hello world を表示するところまでを解説しました。
どんなに小さなプログラムでも、初めて動いたときはうれしいものです。

ただ、JDK だけの開発ではすぐに不便に感じるかもしれません。
そんなときは、次のステップとして IDE (統合開発環境) の導入を検討してみましょう。


ページの先頭へ