Java : Checksum (チェックサム) - API使用例

Checksum (Java SE 18 & JDK 18) の使用例まとめです。
だいたいのメソッドを網羅済みです。
API仕様のおともにどうぞ。


概要

データ・チェックサムを表すインタフェースです。

クラス構成

Checksum は、誤り検出符号の1つであるチェックサムを算出するためのインタフェースです。

標準APIとしては

  • CRC32
  • CRC32C
  • Adler32

が実装されています。

final byte[] b = "abcd".getBytes();
System.out.println(Arrays.toString(b)); // [97, 98, 99, 100]

{
    final Checksum checksum = new CRC32();

    checksum.update(b);
    System.out.printf("%x%n", checksum.getValue()); // ed82cd11
}
{
    final Checksum checksum = new Adler32();

    checksum.update(b);
    System.out.printf("%x%n", checksum.getValue()); // 3d8018b
}

メソッド

long getValue ()

現在のチェックサム値を返します。

final var b = "abcd".getBytes();
System.out.println(Arrays.toString(b)); // [97, 98, 99, 100]

final Checksum checksum = new CRC32();

checksum.update(b);
System.out.printf("%x%n", checksum.getValue()); // ed82cd11
final Checksum checksum = new CRC32();

checksum.update(97);
System.out.printf("%x%n", checksum.getValue()); // e8b7be43

checksum.update(98);
System.out.printf("%x%n", checksum.getValue()); // 9e83486d

checksum.update(99);
System.out.printf("%x%n", checksum.getValue()); // 352441c2

checksum.update(100);
System.out.printf("%x%n", checksum.getValue()); // ed82cd11

void reset ()

チェックサムを初期値にリセットします。

final Checksum checksum = new CRC32();
System.out.printf("%x%n", checksum.getValue()); // 0

checksum.update("abcd".getBytes());
System.out.printf("%x%n", checksum.getValue()); // ed82cd11

checksum.reset();
System.out.printf("%x%n", checksum.getValue()); // 0

default void update (byte[] b)

現在のチェックサムを指定されたバイト配列で更新します。

このメソッドの使用例は、getValue() にまとめて記載しました。
そちらのAPI使用例をご参照ください。

void update (byte[] b, int off, int len)

現在のチェックサムを指定されたバイト配列で更新します。

final var b = "abcdXYZ".getBytes();
System.out.println(Arrays.toString(b)); // [97, 98, 99, 100, 88, 89, 90]

final Checksum checksum = new CRC32();

checksum.update(b, 0, 4);
System.out.printf("%x%n", checksum.getValue()); // ed82cd11

checksum.reset();
checksum.update(b, 4, 3);
System.out.printf("%x%n", checksum.getValue()); // 7d29f8ed
final Checksum checksum = new CRC32();

checksum.update("abcd".getBytes());
System.out.printf("%x%n", checksum.getValue()); // ed82cd11

checksum.reset();
checksum.update("XYZ".getBytes());
System.out.printf("%x%n", checksum.getValue()); // 7d29f8ed

void update (int b)

現在のチェックサムを指定されたバイトで更新します。

このメソッドの使用例は、getValue() にまとめて記載しました。
そちらのAPI使用例をご参照ください。

default void update (ByteBuffer buffer)

現在のチェックサムを指定されたバッファのバイトで更新します。

final var buffer = ByteBuffer.wrap("abcd".getBytes());
System.out.println(buffer); // java.nio.HeapByteBuffer[pos=0 lim=4 cap=4]

final Checksum checksum = new CRC32();

checksum.update(buffer);
System.out.printf("%x%n", checksum.getValue()); // ed82cd11

System.out.println(buffer); // java.nio.HeapByteBuffer[pos=4 lim=4 cap=4]

関連記事

ページの先頭へ