Java : FileStore (ストレージ) - API使用例

FileStore (Java SE 19 & JDK 19) の使用例まとめです。
だいたいのメソッドを網羅済みです。
API仕様のおともにどうぞ。


概要

ファイル用のストレージです。 FileStoreは、ストレージ・プール、デバイス、パーティション、具象ファイル・システム、またはその他の実装固有のファイル・ストレージの手段を表します。

クラス構成

FileStore クラスを使うと、ストレージの合計容量や空き容量を取得することができます。
ストレージとは、例えば Windows では C:ドライブ や D:ドライブ などのことをいいます。

※本記事のコード例は Windows で実行しています。

final var path = Path.of("D:");
System.out.println(path); // D:

final var store = Files.getFileStore(path);
System.out.println(store.type()); // NTFS

// --- PowerShell ---
//PS D:\> Get-PSDrive D
//
//Name           Used (GB)     Free (GB) Provider      Root ...
//----           ---------     --------- --------      ---- ...
//D                1597.26        265.63 FileSystem    D:\  ...

final var total = store.getTotalSpace();
System.out.printf("%d GB%n", total / (1024 * 1024 * 1024)); // 1862 GB

final var free = store.getUnallocatedSpace();
System.out.printf("%d GB%n", free / (1024 * 1024 * 1024)); // 265 GB

final var used = total - free;
System.out.printf("%d GB%n", used / (1024 * 1024 * 1024)); // 1597 GB

コンストラクタ

FileStore ()

このクラスの新しいインスタンスを初期化します。

独自にサブクラスを作ることは少ないと思いますので、コード例は割愛します。

メソッド

abstract Object getAttribute (String attribute)

ファイル・ストア属性の値を読み取ります。

final var path = Path.of("D:");
System.out.println(path); // D:

final var store = Files.getFileStore(path);
System.out.println(store.type()); // NTFS
System.out.println(store.getAttribute("volume:isCdrom")); // false
final var path = Path.of("F:");
System.out.println(path); // F:

//PS D:\> Get-Volume F
//
//DriveLetter FriendlyName FileSystemType DriveType ...
//----------- ------------ -------------- --------- ...
//F           DVD_ROM      Unknown        CD-ROM    ...

final var store = Files.getFileStore(path);
System.out.println(store.type()); // UDF
System.out.println(store.getAttribute("volume:isCdrom")); // true

long getBlockSize ()

このファイル・ストア内のブロックあたりのバイト数を返します。

final var path = Path.of("D:");
System.out.println(path); // D:

final var store = Files.getFileStore(path);
System.out.println(store.getBlockSize()); // 512

abstract <V extends FileStoreAttributeView> V getFileStoreAttributeView (Class<V> type)

指定されたタイプのFileStoreAttributeViewを返します。

final var path = Path.of("D:");
System.out.println(path); // D:

final var store = Files.getFileStore(path);

final var view = store.getFileStoreAttributeView(FileStoreAttributeView.class);
System.out.println(view); // null

abstract long getTotalSpace ()

ファイル・ストアのサイズをバイトで返します。

final var path = Path.of("D:");
System.out.println(path); // D:

final var store = Files.getFileStore(path);
System.out.println(store.type()); // NTFS

// --- PowerShell ---
//PS D:\> Get-PSDrive D
//
//Name           Used (GB)     Free (GB) Provider      Root ...
//----           ---------     --------- --------      ---- ...
//D                1597.26        265.63 FileSystem    D:\  ...

System.out.println(store.getTotalSpace()); // 2000263573504
System.out.println(store.getUnallocatedSpace()); // 285218787328
System.out.println(store.getUsableSpace()); // 285218787328
final var path = Path.of("F:");
System.out.println(path); // F:

final var store = Files.getFileStore(path);
System.out.println(store.type()); // UDF

// --- PowerShell ---
//PS D:\> Get-PSDrive F
//
//Name           Used (GB)     Free (GB) Provider      Root ...
//----           ---------     --------- --------      ---- ...
//F                   0.05          0.00 FileSystem    F:\  ...

System.out.println(store.getTotalSpace()); // 51329024
System.out.println(store.getUnallocatedSpace()); // 0
System.out.println(store.getUsableSpace()); // 0

abstract long getUnallocatedSpace ()

ファイル・ストア内の未割当てのバイト数を返します。

このメソッドの使用例は、getTotalSpace() にまとめて記載しました。
そちらのAPI使用例をご参照ください。

abstract long getUsableSpace ()

このファイル・ストア上で、このJava仮想マシンが利用できるバイト数を返します。

このメソッドの使用例は、getTotalSpace() にまとめて記載しました。
そちらのAPI使用例をご参照ください。

abstract boolean isReadOnly ()

このファイル・ストアが読取り専用であるかどうかを判定します。

final var path = Path.of("D:");
System.out.println(path); // D:

final var store = Files.getFileStore(path);
System.out.println(store.type()); // NTFS
System.out.println(store.isReadOnly()); // false
final var path = Path.of("F:");
System.out.println(path); // F:

//PS D:\> Get-Volume F
//
//DriveLetter FriendlyName FileSystemType DriveType ...
//----------- ------------ -------------- --------- ...
//F           DVD_ROM      Unknown        CD-ROM    ...

final var store = Files.getFileStore(path);
System.out.println(store.type()); // UDF
System.out.println(store.isReadOnly()); // true

abstract String name ()

このファイル・ストアの名前を返します。

// --- PowerShell ---
//PS D:\> Get-Volume W
//
//DriveLetter FriendlyName FileSystemType ...
//----------- ------------ -------------- ...
//W           Work         NTFS           ...

final var path = Path.of("W:");
System.out.println(path); // W:

final var store = Files.getFileStore(path);
System.out.println(store.name()); // Work
System.out.println(store.type()); // NTFS

abstract boolean supportsFileAttributeView (Class<? extends FileAttributeView> type)

このファイル・ストアが、指定されたファイル属性ビューで識別されるファイル属性をサポートするかどうかを示します。

final var path = Path.of("D:");
System.out.println(path); // D:

final var store = Files.getFileStore(path);
System.out.println(store.type()); // NTFS

final var dos = store.supportsFileAttributeView(DosFileAttributeView.class);
System.out.println(dos); // true

final var posix = store.supportsFileAttributeView(PosixFileAttributeView.class);
System.out.println(posix); // false

abstract boolean supportsFileAttributeView (String name)

このファイル・ストアが、指定されたファイル属性ビューで識別されるファイル属性をサポートするかどうかを示します。

final var path = Path.of("D:");
System.out.println(path); // D:

final var store = Files.getFileStore(path);
System.out.println(store.type()); // NTFS

final var dos = store.supportsFileAttributeView("dos");
System.out.println(dos); // true

final var posix = store.supportsFileAttributeView("posix");
System.out.println(posix); // false

abstract String type ()

このファイル・ストアの種類を返します。

final var path = Path.of("D:");
System.out.println(path); // D:

final var store = Files.getFileStore(path);
System.out.println(store.type()); // NTFS
final var path = Path.of("F:");
System.out.println(path); // F:

//PS D:\> Get-Volume F
//
//DriveLetter FriendlyName FileSystemType DriveType ...
//----------- ------------ -------------- --------- ...
//F           DVD_ROM      Unknown        CD-ROM    ...

final var store = Files.getFileStore(path);
System.out.println(store.type()); // UDF

関連記事

ページの先頭へ